トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    何社か買い取りを依頼してもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者にお願いする事が可能ですので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    多いか少ないかの程度も関係してきますが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合にはマイナス査定になります。

    喫煙の形跡がある車というものは、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には売ることが非常に困難だからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、車の中のどこかに残っているヤニ汚れのはずです。

    中古車買取店に持って行く前に車の中を入念に清掃すれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、売却は即決しても構わないという思いを強くアピールすることです。

    ついでだから査定してもらうけども多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば今すぐにでも売却しますという売り手の方がスタッフにとって心強いものです。

    即決の意志があると知ったならば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    査定結果に納得し、実際に売却する手続きに入ると書類をそろえる必要があります。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    車内の掃除が行き届いていたり、洗車済みであろうと査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    ユーザー個人が出来る掃除であればあとから業者のほうでも出来るからです。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、気持ち良く値付けが出来ます。

    点数をつけるのは担当者ですから、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なくその車が初めて登録された年数ですからうっかり間違えないように気をつけましょう。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    中古自走車を売却する際には、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車検が終了した直後に車を手放す必要はあまりないと言って良いでしょう。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、パーキング代も余計にかかるのです。

    所有する車を売却するかしないか考えている場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかじっくり検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。