トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    車体に凹みやキズがある中古車は査定金額が低くなるのが一般的です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、修理に要した費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    車を自分で直そうと考えるより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークをハナからすべて信用してしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額がおおよそ幾らぐらいか調べておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに値段の駆け引きをする準備をしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのに短所になることと言ったら、一括査定サイトに登録されている会社から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    一番はじめの段階ではこちらからアプローチしたのですから、一口に悪いことだと片付けられません。

    でも、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、未だに車の売却先が決まっていないとしてももうすでに売却してしまったのだと言うことがうまく電話攻撃をかわす手段のひとつと言えますね。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    その点、自宅で入力するだけで済むネットの中古車査定一括サイトほど便利なものはありません。

    最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、その手軽さは他と比較するべくもありません。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社からいっぺんに電話がかかってきますから、それはそれで面倒です。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。

    外車は日本での普及台数が日本車とは比較にならないほど少数で、市場価値の判断がつきにくく、取扱い店舗によって査定額はまちまちです。

    つまり輸入車を高く売る最良の方法としては、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    中古車買取りでは無料一括査定サイトがいくつもありますので、上手に使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかしわざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、売却後に業者のほうで業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも普通だからです。

    ですから、見積額への減点査定は微々たるものです。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても逆に損するケースがほとんどです。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、何を第一希望と考えているかでお勧め度が違ってきます。

    とにかく簡単に手続きを済ませてしまいたいのならば、楽な方はディーラーです。

    今までの車を手放して新しく車を買うことが同時に出来てしまうので、なにより簡単です。

    それとは反対に、所有する自動車をちょっとでも高く査定してもらいたいのであればディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、査定額を上げることも可能になります。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    車が欲しいと思う人が増える時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか10万km以上走っている過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    あとは個人でできることといえば、廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、後悔がない方を選びたいものです。