トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    あちこちの中古車買取店を回ることなく、一度に何店もの見積もりの額を車の一括査定サイトで比較することが可能です。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    しかしながら、いっぺんに沢山の買取業者に見積もりを依頼している以上、メリットばかりだけではなくて、数ある会社から電話が矢継ぎ早にかかってくる事になるでしょう。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社がある欠点があるので注意が必要です。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、個人情報はなるべく公開したくないというときには匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、車を手放すときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、取り引きをした相手の名前や住所などの情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという話があるようです。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

    所有者がする程度の掃除なら、誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    買う側だとて人間ですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。

    国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車は、中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると日本車とは比較にならないほど少数で、需要も読みにくいところがあり、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うと複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて辛い思いをするかも知れませんが、多くの買取店で査定をしてもらうことは自動車を高く売却するために大切です。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、複数の買取店から同時に査定してもらえば簡単に相場を知ることができるのです。

    すぐに決めてくれれば高く買取いたします、などの営業文句に誘惑されてその場で売ってしまうのはなるべく避けた方が無難です。

    焦って事を進めないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    ただ、所有者が故人のときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券が必要書類と言うことになります。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼する場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。