トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主となる要因には何点かあるのですが、最も大きな査定低下の要因は、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    車によっては査定金額が0円まで下がってしまう時もあるのです。

    かといって、事故などで修理した車すべてが絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。

    中古車の査定を業者に依頼する際に必要になってくる書類には何があるかというと、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    査定の専門家には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、口からでまかせを言ったことが災いして査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起こっても仕方ありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、約10000キロと見積もるのが一般的です。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、これが10万キロともなれば過走行車扱いで査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと稼働パーツが劣化していても気づかないケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所と協議したほうがいいでしょう。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。

    一方、ディーラー下取りではどことも競う必要がないため、安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    買取業者からの電話攻勢が毎日大量に来るのでストレスがたまって仕方ないこともあるでしょうが、複数の買取店舗で見積もってもらうのは自動車を高く売却するために大切です。

    査定額の相場がわからないと価格交渉すらできずませんし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に誘惑されて即決することはなるべく避けましょう。

    早急に物事を進めないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    親密な間柄のこととは言え、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、大切な項目だけでもきちんと書面に書き残しておくべきです。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、自動車を売ろうとするときにはかなり便利です。

    中古車の無料一括査定サイトを活用すると途端に売却を勧める電話がひっきりなしにかかってきますが、特に必要としないところへはもうすでに売却済みだと嘘を付くことでしつこい電話攻勢も止むことでしょう。

    愛車を高く見積もってくれたいくつかの会社に絞り込んで、実査定を受けてみましょう。

    ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは結局何か問題があったなどと言って、後から査定額を下げてくるかも知れませんので注意しましょう。