トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好き嫌いがありますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより常に流動的なものですから、流行次第である特定の車体色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    自分の車を高値で売却するために中古車の買取専門店と価格交渉をするときに重要なのは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    近頃、中古車販売の大手において通常のユーザー向けの中古車査定アプリを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくても簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    この業務用に開発されたアプリと専用の機械を同時使用する事によって、査定対象車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかをすぐに分かってしまうことが多いというのですから優秀なアプリですね。

    マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

    査定の形式は、中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、足(車)がなくて不自由することはありませんが、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら安めの価格になってしまうという欠点があります。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、複数の会社が競いあうことになり、買値アップが期待できます。

    どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

    訪問査定が済むと、査定が終わった業者はすぐにでも契約を迫ってくるでしょう。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった商談が展開されるでしょうが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが一番の高値を引き出すためのお約束です。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、各社の金額を見比べた上で最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースにこの車は何年落ちだなどと言います。

    基準になるのは製造された年ではなく、その車が初めて登録された年数ですから間違えないようにしましょう。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば値段がつかない車も出てきます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車検を通してから車を売却する必要はあまりないと言って良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    自動車を売るときには走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    思いつく限りの業者を当たってみても買い取ってくれる会社が見つからなかったら、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者ならそれなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    プロに頼む利点は、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも無償で車を処分してもらえるという点です。