トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    車を売りに出したいと思案したときにお勧めしたいのが、ネットを利用した一括査定サイトで査定してもらうことが効果的な選択です。

    さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、散在しているお店の一つ一つに行かなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、更にその車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    自分が所有している車のおおよその査定相場を確認したいときに、Web上の中古車一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、自動車メーカーのHP上で査定金額の参考値を調べることができます。

    自動車メーカーのHPなら個人情報を全く記載しなくても車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを活用した場合のような勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    たいていの場合、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、有料での査定になっています。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は不要と見られ、値段がつくことはないのです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートはUSEDで探している人も多いですから、それだけで売りに出しても値段がつかないということはありませんし、オークションでもブランド製で美品ならなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    ただ、車が全く売れないということをここで書くつもりはありません。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算して買い取ってくれます。

    訪問査定が済むと、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという熱いトークが始まるのですが、その場で決めるのは得策ではありません。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    複数の業者から見積りをとることを第一に考え、各社の金額を見比べた上で次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、突き詰めるとたった2種類しかありません。

    ひとつは査定サイトなどを活用して市場動向を把握することが大事です。

    自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってゼロとは言い切れないからです。

    次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。

    といってもボディはそこそこで構いません。

    重点ポイントは車内です。

    少しでも車内に匂いがあると、すかさず査定時に減点されてしまいます。

    自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、行う必要性は全くないでしょう。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、じっさいに見積もりを出してもらう前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    いわゆる事故車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。