トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、大抵の会社では、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、見積金額を教えてくれます。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、一緒に査定した業者間で価格競争が行われますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    一般的に、中古車査定業務において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型と大型車に分別されています。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと取れませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがお分かりになるでしょう。

    中古車買取の業者に実際に出向かなくても、車の査定をネット上で可能なサイトはあちこちに見受けられます。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがウェブの中古車査定一括サービスです。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    けれども欠点を挙げる人もいます。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから営業電話が殺到することがあるからです。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、連絡先の選択は注意するポイントです。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数でこの車は何年落ちだなどと言います。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくあくまでも初度登録年から数えますから、気をつけてください。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    外国製の車は国内での流通量が二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、需要も読みにくいところがあり、取扱い店舗によって査定額はまちまちです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うと複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    でも、査定金額の上乗せを期待して売却前に車検を通すことは有益ではありません。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    中古車売買をする予定ができたら早めに印鑑証明書を取っておくと、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が古い車の場合1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買取専門店に査定に出すときにはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。