トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    車検の残りが1年以下のケースではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    買取希望の中古車のおよその査定金額を知ろうと考えたときに、Web上の中古車一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、買取希望車のメーカーのWebサイト上で価格を確認するという手段もあるのです。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKでその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように一斉に電話攻勢が始まる危険性はないでしょう。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには幾つか存在しますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、再チェックで問題箇所が出てきたからなどと理由を付けて実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほかリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    中古車の相場というのは市場のニーズによって変動しています。

    ですから中古車を査定する際に業者が提示した価格にも必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    しかしこの期限も実際のところ様々ですから、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちを聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    有効期限の設定は、長いところで2週間を見込んでおけば良いですが、決算期やボーナス時期などにはかなり短期間で設定されていることもあります。

    まだローンの残っている車を売る際は、完済してからでなければ車は売れません。

    つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

    業者に売る前にローンの残りを完済できるのなら構いませんが、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額から残債を清算するという方法もあります。

    但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、必要書類も多くなります。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、じっさいに見積もりを出してもらう前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、マイナス査定になることが多いのです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと既にプラス査定は期待できなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売りに出してしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    全ての合計を見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。