トップページ

    このサイトではプリウスPHVの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスPHVの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で検索してみてください。

    トヨタのプリウスPHVを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、プリウスPHV(PRIUS PHV)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へプリウスPHVの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「プリウスPHVを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプリウスPHVの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのプリウスPHVでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスPHVの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に自分が乗っているプリウスPHVの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのプリウスPHVでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者がプリウスPHVの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのプリウスPHVを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が愛用のプリウスPHVを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたプリウスPHVを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    プリウスPHVの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したプリウスPHVを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社があなたのプリウスPHVの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    プロのスキルを持った中古車査定士には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、低く査定されるのを恐れて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、ウソをついてしまったという事実があると査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることがあってもおかしくないので、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    持っている車を売ろうと決心したときには、まずはじめにしなければいけないことは、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。

    今の査定相場金額を知ることでとても安い値段で取り引きさせられるリスクを随分と減らすことが出来るでしょうし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、やはり簡易的なもので算出した査定額となっています。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車により状態は違って当然ですから、一台一台の具体的な見積額というのは車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車の売却査定の際に確認される部分です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    買取業者に中古車を買ってもらうには、まず見積りをもらうところがスタート地点です。

    ウェブで簡易査定を受けた後、買取業者が実際に車を見てチェックし、最終的な価格決定となります。

    価格と説明に納得すれば、車検証や自賠責保険証などの書類を整えてその業者と売買契約を締結します。

    そのあとは取り決め通りに車を引き渡し、所有者の名義変更等のプロセスがあり、それから指定した口座にお金が振り込まれ、売却に関するすべての作業が終わります。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車の販売は好調です。

    業者の意図としてはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売る時期を特に決めていないのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も全般に下がり気味になります。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、普通自動車を売却しないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    反対に軽自動車に関しては、自動車税は戻りません。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    車を買い換える際に古い車の下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、自分で買取業者を見つけて売るのと違って単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまう傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    誰もが名前を知っている外国製の車でも、国産車の販売台数には到底及びませんので、安値をつける業者もいれば高値の業者もいるなど相場が確立しておらず、あとになって損をしたことに気づくといった例も少なくありません。

    この場合は輸入車を専門に扱う業者に相談すると、顧客のニーズを把握している分だけ場合によっては高額査定も期待できます。

    ただ、外車専門とはいえ、ベンツ専門店もあれば、英国車専門店もあります。

    ウェブの車買取一括査定サイトなどを上手に使って、業者を絞り込んでいくことが肝心です。